Home > Archives > 2011-01

2011-01

大喜さんの、伊勢春慶季節弁当♪

つい先日、お正月を迎えたと思ったら、もうすぐ2月!!
はっやーい!!
今年の伊勢の冬は例年以上に寒いにも関わらず、たくさんの観光客の皆さんに連日来ていただいてるそうでございます♪

さてさて、宇治山田駅近くにある「大喜」さんから今回は、伊勢春慶季節弁当の紹介でございます♪

割烹 大喜の伊勢春慶季節弁当 3500円

大喜さんの、伊勢春慶季節弁当

お店からのメッセージ
お待たせしました!
伊勢春慶季節弁当が節分弁当に変わりました。
定番のお刺身はブリとよこわ、真珠貝の貝柱と赤貝の酢の物、節分に因んで豆枡に大豆、金棒はじかみ、他ローストビーフ、白梅豆腐、雲子ウニ焼、車海老、よもぎ生麩、節分蒲鉾と盛り沢山。
別皿でふぐの唐揚、かき真薯の吸物、御飯がかにちらしになっています。
2月3日までの短い期間ですが、節分の風情をお楽しみください。

節分までの、とても短い期間の季節弁当です。
ぜひ、ご賞味くださいませ!!

・・・はじかみの金棒が可愛いっ♪

大喜さんのサイトはこちら→☆
割烹 大喜
伊勢市岩淵2-1-48 近鉄宇治山田駅前
TEL 0596-28-0281
FAX 0596-23-0284
営業時間
午前11時から午後9時半
オーダーストップ:午後9時
昼の休憩時間無しで通しで営業
年中無休。

レストラン麦酒蔵(びやぐら)。

牡蠣が大好きなTハシです☆
どれくらい好きかって言うと、今週末「海の博物館」にて開催される牡蠣むき体験のイベントに、友人を巻き込んで参加しちゃうくらい大好きです♪

いつもだとこの季節、一度は牡蠣づくしを食べてるんだけど、今年はまだもう少し先の予定。
なので、あちこちでちょこちょこと食べては悦に浸っているのです。
レストラン麦酒蔵☆内宮さん1
今月初め、北海道から妹がやってきたのですが、その週末はおはらい町でお土産の買い物や初詣に付き合ったりしてました。
そのお礼として妹にご馳走してもらったのが、伊勢市神久にある「レストラン麦酒蔵(びやぐら)」。
この日は成人式だったので、お店に入ると振り袖姿のキレイなお嬢さん達で賑わっていました♪
レストラン麦酒蔵☆内宮さん2
「レストラン麦酒蔵(びやぐら)」さんのランチメニューは、結構盛りだくさんなので好き。
後、ランチは2時くらいまでのお店が多い中、15時までが食べられるのも好きです。
毎日限定10食の週替わりランチも捨てがたかったんだけど、この日選んだのはやっぱり「鳥羽・浦村直送カキフライセット」1260円。
定食ランチセットメニューは、野菜の鍋かデザートのチョイスができるんだけど、寒かったからもちろんお鍋を、ご飯は白ご飯(伊賀コシヒカリ)か十穀ご飯か選べるので、十穀ご飯をお願いしました。
ご飯は、お代わりができるそうです。
レストラン麦酒蔵☆牡蠣定食
やってきたご飯はこんな感じ。
カキフライは5つかなぁ?
お皿が大きいのでちょっと小振りに見えますが、それなりに粒は大きいです。
外はサクッとしてますが、中からは牡蠣のスープがじゅわっと出てきます。
レストラン麦酒蔵☆ぜひモルトビネガーで!!
これをタルタルソースにつけて食べると、もう至福〜♪
でも、一緒に持ってきてもらったモルトビネガーをつけて食べると、しっかりとカキの旨味を味わう事ができます。
このモルトビネガー(麦芽酢)、初めて食べたけど優しい酸味はもちろん、何よりいい香り。
あの独特のお酢の香りがきつくないので、使いやすかったです。
そーいやこれって、販売してないのかなぁ?
レストラン麦酒蔵☆他のおかずも美味しい♪

と、牡蠣もうまいんだけど、味噌汁は豚汁だし野菜の鍋もたっぷり(鍋にも牡蠣入ってました☆)だし、十穀ご飯はかみ応えと甘みがあるから、食べてるとしっかりお腹が満腹になりました☆

他にも、ちょっとづつ色んなモノを食べたい人には枡御膳(1780円〜)もあるし、単品メニューも豊富です。
内宮さんからはちょっと離れますが、デザートに二軒茶屋餅があってたりするのも面白いし、通常メニューも食べる事が出来るので、ガツンとゆっくりランチをしたい人はぜひ、「レストラン麦酒蔵(びやぐら)」さんへ行ってみてくださいませ☆
レストラン麦酒蔵☆外観
レストラン麦酒蔵
レストラン麦酒蔵(びやぐら)
伊勢市神久6丁目428番地
TEL 0596-21-3108
FAX 0596-21-3109
営業時間
11:00~23:00
(ラストオーダー22:00)
水曜定休

浪曲茶屋

年末年始で、内宮さん界隈に行かれた方は多いと思います♪
私もちょこちょことお邪魔してますが、いやはや休日のおはらい町などはなかなかの混雑ぶりで、これではせわしなくて落ち着く事もできません。

人でぱんぱんのおかげ横丁、太鼓広場(太鼓櫓)を神宮会館の方に抜けるとやっと人通りも楽になるのですが、そのちょうどの場所にあるのが「浪曲茶屋」さん。
昨年の5月にオープンした、おかげ横丁内にあるカフェです。
浪曲茶屋☆外観、純和風
そもそも「浪曲」とは明治初期に始まり流行した日本芸能のひとつで、三味線を伴奏に、物語を節と啖呵(たんか)で演じる語り芸のことなのだそう。
「浪花節(なにわぶし)」の方が分かる人が多いかも知れません。
浪曲茶屋☆めにう
そんな、しぶーいBGMが流れているカフェ。
どんなにメニューも渋いんだかと思って見て見ると、メニューはそれほど渋くはなし。
「月夜のかほり」なんて言うキレイな名前の紅茶や、ガトーショコラやバナナタルトなんて洒落たケーキもあったりします。

何とも美味しそうな見本を見て決めたのは、「浪曲カステラ」280円と、紅茶400円。
「カステラには珈琲より紅茶が合いますよ♪」と、スタッフさんが教えてくれました。
浪曲茶屋☆店内
さて、外観は「和風喫茶」風なこのお店。
店内は純和風で全体的にスッキリした感じです。
テーブル席もあるものの、上がり口の席は畳に座布団、その奥には箪笥、壁のモニターでは浪曲アニメ(?)が流れています。
浪曲って何を言ってるか正直分からなくて、私は今までちゃんと聞いた事がなかったけど、アニメとセットだと比較的分かりやすくて、意外とはまり込んでしまう事発見です。
と言うより私、人情物にもっぱら弱いのです。

次郎長親分のくだりを浪曲アニメで見てるうちに、お茶とお菓子が。
浪曲茶屋☆カステラとお茶
カステラは、生クリームとセットになってて、クリームの上にはオレンジピールを刻んだのが散らしてあります。
お茶は、ポットでたっぷり。
たっぷりのお茶、大好きです♪
浪曲茶屋☆さっぱりしっとり
しっとりしたカステラは、バターがたっぷり使ってあるので、風味がしっかりしてて洋風。
生クリームを付けて食べるとこは、シフォンケーキの食べ方に似ています。
温かい紅茶は良い香りで、最後にミルクティーして飲みました。
体は温まるしお腹はいっぱい。
至福でございます。
浪曲茶屋☆お茶はポットがさいこー
今回はカステラだったけど、4種のスイーツから好きな3種を選べる、三種一口菓子550円も美味しそう♪
いや、寒いから田舎しるこも捨てがたいなぁ。

と、今度来たら何食べよう願望で頭をいっぱいにして、お店を後にしたのでありました。
大通りからちょっと外れてるから人の通りも少ないし、店内は割と広いし、座敷はチビちゃんやご年配の方にも良さげだし、ノンビリしてもらうにはちょうどいいですよ♪

ごちそうさまでした☆
そうそう、カステラは持ち帰りができるそうです♪
浪曲茶屋☆落ち着くお店です♪
浪曲茶屋のサイトはこちら→☆
浪曲茶屋
伊勢市宇治中之切町おかげ横丁内
TEL 0596-23-8811
営業時間
[平日] 09:30〜17:30
[土曜] 09:30〜18:00
[日祝] 09:30〜18:00
定休日は不明です。

町家とうふ

今回は先日、河崎を散歩してた時の話です。
お昼時になって「ランチ、ランチが食べたいっ!!」なお腹のへり具合になってきました。
その頃は連日、何だかんだとお肉三昧だったので、お腹は珍しくヘルシー志向ぎみ。
で、思い立って行ってみたのが「町家とうふ」だったのです。
町家とうふ☆外観
「町家とうふ」は、伊勢市河崎にあるお豆富専門のお店。
自家製の美味しいお豆腐の販売もですが、ここではそのお豆腐を使った食事もさせてもらえます。
お豆腐って言うと「ヘルシー=軽め」の方程式を考えちゃいそうだけど、ここのランチは侮ってちゃーいけませんっ。
お腹ペコペコじゃないと、えらい事になるのですっ。
町家とうふ☆店内
さて、河崎の町並みに合わせた昔作りのお店の店内は、白い壁と濃い茶の柱で落ち着いた雰囲気となってます。
1階はテーブル席、2階は団体様用のお部屋になってます。
店内に入るとお会計のとこにオジサマが席の案内をしてくれます。
(私は心の中で番頭さんと呼んでます☆)
その時にですねぇ、前にはなかったんだけど、このオジサマが席次表(?)を書いてくれるのです。
しかもこれがまた達筆なんだ☆
その達筆な席次表(←多分違うと思う…)とともに席に案内してもらったのですが、このタイミングが11時半。
すでに、テーブル席は満席です。
町家とうふ☆めにう
メニューは、1日15食限定のおまかせ御飯1,000円に、本日のおすすめ御飯1500円が4種類。
おすすめ御飯のメインは、豆冨コロッケ・とうふ屋のおでんご飯・肉豆冨御飯・豆冨おかか焼き御飯となってます。
おまかせ御飯はすでに完売だったので、私は本日のおすすめ御飯の豆冨おかか焼き御飯をお願いする事にしました。
町家とうふ☆豆乳と大豆♪
注文してまずまっさきにテーブルに届けられるのは、煎り大豆と豆乳。
大豆はカリカリと香ばしく、できたて豆乳は濃〜い豆腐の味の香りがします。
それらをつまんでると、次に来るのがこのお店自慢の枡豆冨。
町家とうふ☆枡とうふ♪
まだお水に通してない枡豆冨は、ほんのりと温かくて、何もつけないで食べると甘くて美味しい♪
テーブルには、すり白ごまのお塩とネギ醤油が添え付けてあります♪
私は、何もつけず→塩をちょっとつけて→最後に醤油パターン。
このお豆腐はお代わり自由だし美味しいし、色んな味を楽しむ事ができるのでついつい食べ続けちゃうのですが、ここでたくさん食べると後で御飯が入らないって事がままあるので、どうかお気を付けくださいませ(笑)
町家とうふ☆ランチ♪
さて、いよいよメインの登場です。
大きなお盆の真ん中にはメインのおかか焼き、後は季節の小鉢(この日は黒ごま豆腐)、醍醐豆冨、季節の炊き合せ、やみつき焼揚げのおろしポン酢、お味噌汁、お漬物、御飯が所狭しと並んでいます。
町家とうふ☆おかか焼きっ
おかか焼きは名前通り、おかかがふんだんにかけてあるんだけど、お醤油と甘み(味醂?)、それに香ばしさとこっくりとした味わいで何とも美味しい!!
このコックリ味が分からなかったんだけど、バター? なんでしょ?
町家とうふ☆他もろもろ
お味噌汁は鰹だしのあっさり味、季節の炊き合わせは飛竜頭が入ってて、噛むと中からお出汁がじゅわっと出てきました。
あー、煮物ってこれが美味しいんだよねー♪
町家とうふ☆醍醐とうふ
白と薄い茶の一切れずつは醍醐豆腐。
お豆腐を酒粕やお醤油などで漬けたもので、その独特の味わいはちょっと好き嫌いがあるかも。
どっちかって言うと、お酒のつまみにでしょうか?
チーズっぽいと言えばチーズっぽいです。
私はどっちも、結構好きでした☆
町家とうふ☆ばかうまのやみつき焼揚げのおろしポン酢
ここの御飯、何を食べても美味しくてハズレがないんだけど、今回一番私が好きだったのはこの、やみつき焼揚げのおろしポン酢。
油揚げがサクサクに焼いてあって、これをポン酢で食べると激美味っ!!
こんな美味い油揚げ、食べた事あったっけか?
美味しいこのポン酢は、このお店で販売してるのか?
油揚げとポン酢をここで買えば、自宅でこの料理がエンドレスで食べられるのか〜!?
多分、今年食べたお料理の中で5本の指に間違いなく入るっ!!!
と、心の中でジタバタしてたくらい美味しかったのでありました☆
町家とうふ☆本日の甘味のぜんざい
最後に出される甘味、この日はぜんざい。
なんでも、次の日に鏡開きと言うことで、1日早く開いて出してくれたのだそうです。
程よい甘みのぜんざいと、外はパリッと中はトロトロのお餅は、最後に体を温めてくれました♪

ここまで食べると、ホントにお腹いっぱい!!
もうなんも入らんっ!!
河崎にいらした時はぜひ、この町家とうふさんも寄ってってくださいませね☆

ごちそうさまでした♪
町家とうふ☆器も好きだーっ!!
町家とうふのサイトはこちら→☆
町家とうふ
伊勢市河崎2丁目14番12号
TEL 0596-25-1028
営業時間
お豆富販売
10:00〜18:00
レストラン
11:00〜14:00(13:30LO)
火曜定休

河崎散歩しましたー♪

伊勢神宮参拝は、もう済ませました〜? Tハシです☆
おかげさまで、伊勢の町の年末年始は沢山の観光客の人達で賑わいました♪
テレビでも随分、伊勢の特集をしてもらったせいか、その勢いは衰えることなし!!
実際、帰省した妹とお土産を購入しにおはらい町に行ったら、すごい混雑っぷりでビックリしましたもんっ!
タクシー代金なんて、帰りは1500円だった(←外宮さんから内宮さんまでだと普段はこれくらいです☆)けど、行きは3000円かかったもんっ!!(しかも近くで降りた)

という事で、週末に伊勢神宮さん周辺を参拝しようとすると人は多いし車は動かないしで、ちょっと大変だと思う人は多いかも知れません。
そんな方には、こんなスポットもございます。

それが、「伊勢市河崎」です♪
河崎☆町並み
水運が中心だったその昔、河崎の町は勢田川から船でやってくる伊勢神宮の参拝客の上陸地点であり、大量の物資をさばく伊勢の商業拠点であったのだそう。
当時、河崎の川沿いには、たくさんの問屋が軒を連ねて伊勢(山田)の商業地区を形作っていたのだそうです。
なので、河崎は「伊勢の台所」と言われておりました。
その名残は町のあちこちにあるんだけど、古くから残っている町並みに今現在の人の生活も合わさってるので、何だか不思議な感覚になったりします。
それもまた河崎なのかも知れませぬ。
河崎☆川沿い
まずはこれが↑昔、物資を運んでいた勢田川。
川向こうの建物をみてみると、今と昔が混在しております。
河崎は、大きな道を挟んで分かれてるので、まずは河崎商人館側の方に歩いて行ってみました。
で、川沿いの道を1本入るとこげな感じ。
もちろん、さっきの川向こうの建物同様、昔からのお家や蔵と今のお家が混在。
それがまた面白いんです。
河崎☆河崎商人館
まずたどり着いたのは「河崎商人館」。
江戸時代に創業された酒問屋さんを伊勢市が修復し、伊勢河崎の問屋のシンボルとして残した施設なのだそう。
河崎☆蔵の方
施設内には河崎の歴史や文化を伝える「河崎まちなみ館」などの展示施設はもちろんの事、蔵を改装した「商人蔵」があり、手作り雑貨や着物や食品の販売をしてたり、中にはカフェや占い屋なんてのもあったりします。
河崎☆小川酒店
カフェの建物には、酒問屋「小川商店」の名前がまだ残ってますねぇ。
そうそう、河崎商人館では「伊勢のだいどこ市」と言うイベントが月に一度朝の10時から行われます。
今月は1月23日。(雨天決行)
そこでは、伊勢志摩の美味しいモノを中心に販売されてて、一度行くと帰りには両手がいっぱいと言う魔法にかかってしまいます☆(買いすぎです)
伊勢の美味しいモンに出会えるイベントでございます☆
河崎☆つたや
商人館さんからテクテク大きな道の方に歩いていくと、あるのが「つたや」さんと言うお店。
伊勢のソウルフード「伊勢うどん」を色んな形で食べさせてくれるお店でして、ここの「焼き豚伊勢うどん」600円がなかなかの美味♪
河崎☆焼豚伊勢うどん
そもそも伊勢うどんは、ネギとせいぜいかまぼこを乗っけたくらいのシンプルなうどんなんで、焼豚が乗ってるなんてのは珍しいのです。
寒い冬には、体が温まって良いですよん♪
河崎☆和具屋
大きな道路近くにある「和具屋」さんという陶器問屋さんには、建物の入り口から奥まで荷物を運んだトロッコのレールが未だに残ってます。
ここは見物料が100円必要だけど、行った事ない人はぜひ一度探検してもらいたいお店です。
河崎☆古い建物を改装したお店の数々
河崎には、昔の建物を改装した店舗が色々あります。
炉端焼きの「あじっこ」や「茶房 河崎蔵」、美容室の「chiyo」さん、和菓子の「播田屋」さんやカフェ「モナリザ」さん、ビストロ「河崎2丁目食堂」さんや私の愛してやまないワインバーの「珠家」さんなど、どこも昔の風情を残したまま、しかもお洒落な雰囲気もプラスしつつ営んでおられます。
河崎☆古い建物を改装したお店の数々2
お昼は散策してランチやお茶など、夜はシックにお酒でもと、この決して広くはない範囲でいろいろな使い分けで出来るのも、この川沿いの良いとこだと思います♪

伊勢に来られる県外の方、「そーいや河崎にゆっくり行った事ないわー」な地元の方もぜひ!!
河崎、えーよー♪

以上、我が町自慢でした☆

ちなみに5分で着きはしますが、私は河崎在住ではなかったりします☆

てへっ☆
河崎☆珠家
河崎商人館のサイトはこちら→☆
つたやさんの事書いたマイブログページはこちら→☆
河崎2丁目食堂さんのブログはこちら→☆
珠家さんのサイトはこちら→☆
で、モナリザさんのサイトはこちら→☆

Home > Archives > 2011-01

Calendar
« 2011 年 1月 »
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ブログ伊勢だより

Return to page top