Home > Archives > 2012-09

2012-09

ichishina 船江店(いちしな)

伊勢はただいま、新しいお店がどんどんオープンしております。
ichishina 船江店のその一軒。
雑貨屋さんとしてオープンし、しばらく経ってからカフェスペースもオープンしました。

R23から八間通りに入り、ゲオを過ぎてすぐ、ありました。駐車場スペースは7〜8台といったところでしょうか。
写真左上がカフェ入り口、左下のちゃんとしたのが(^^)雑貨屋さんの入り口です
ichishina01

カフェの入り口から入ると、倉庫を改造したとあって、それをそのまま生かした造り。床の一部が黒くなってたり、配電盤がむきだしになってたりも計算のうち。なかなか憎いつくりです(^^)。
 置かれているアンティークな小物やら家具がとってもおしゃれです。
ichishina02

奥伊勢七保鶏の幽庵焼き
季節の香り御膳のメイン、奥伊勢七保鶏の幽庵焼き。
 皮がカリカリでしっかりした照り焼き風?の味でおいしい!。
 添えられた野菜にかかってるドレッシングは酸味は控えめの少し甘いマヨネーズ風。野菜の味が濃く感じます。有機野菜なのかな?

キスの大葉巻き揚げ
キスの大葉巻き揚げ
 ずいぶん手が込んでる一品です、くるっと丸まってかわいい(^^) 大葉とキスの相性がとってもよくておかわりしたい気持ち(^^)。
トマトのあられ揚げ
 見た目、かわいすぎ! 細かい作業に感謝です(^^)
 中のミニトマトは噛めばもちろんみずみずしい。さくっとむにゅっの食感のギャップに脱帽しました(^^)。

夏野菜のジュレ仕立て
前菜は夏野菜のジュレ仕立て。
 ヤングコーン、オクラ、枝豆で、無色透明なジュレはしっかりしていて少しきつめの塩加減から。見た目も涼しげで夏向きなものでした。(アップが遅くなってスイマセン)
ichishina05.jpg
小鉢は手作りのとうもろこし豆腐
 とうもろこしの素材そのものの味をお豆腐状にしてある。一見たまご豆腐?って…なぜ甘いの?と思ってメニューを見たら、そうかっとうもろこしだ!ってやっとわかりました(^^;)
 お出汁は塩味がきかせてあるので、後で飲むとちょうどいい感じでした。

サラダ・味噌汁・ごはん・漬け物
新鮮野菜のサラダ
 紫のキャベツとたくさんの種類の野菜たちがとっても彩り豊か。トッピングされているのはなんだろ?と思ったら友人がスラスラと答えてくれて。すごいなっと思ったらメニューに詳しく書いてあるのね(^^) 湯葉を揚げたものでした。かりっとしていい〜食感でした。

具だくさんお味噌汁
 ごぼう、ゆば、こんにゃく、きのこ数種…と、日本のヘルシーな食材を詰め込んでみました的な一品。味は少し薄めでお料理が結構しっかりめな味付けなのでちょうどいいかも。
「お味噌は何味噌ですか?」って尋ねると聞きに行ってくれました。ありがと〜。答えは合わせ味噌。だそうで、よくわかったようなわからないような(笑)

お漬け物
 切り干し大根のハリハリ漬けと伊勢たくあん。どっちもとてもおいしい。いい塩加減でした。

ごはん
 明和町、小林さんのコシヒカリだそうです。生産者さんの名前までしっかり明記するだけあって。外食では経験した中で指折りの美味しいご飯でした。炊きたての白いご飯大好きN村も太鼓判、押しました(^^なにげに上からすいません)。

あと大葉のシャーベット
あと大葉のシャーベット
意外に甘めでした。しその香りがすごく残ってて和風テイストな感じです。
珈琲はアイスかホットか選べます。

ichishina ワンプレート

ichishina ワンプレート

鶏の照り焼き
鶏の照り焼き
白髪葱がかかってて、しっかりさっぱりのお味です。

サワラの酒蒸し
サワラの酒蒸し
 黒オリーブオイルのソースがおしゃれなお味。ピンクペッパーが舌の上でぴちっと弾けます(^^)

あとは季節の香り御膳と共通のお品たちです。
ワンプレートにはデザート、珈琲はつきません。

 お店の雰囲気は窓際はあくまで明るく開放的、壁際は少し光が押さえられ落ち着いた感じで40人ほど入れそうです。若い女性たち、小さいお子さん連れもいて結構な賑やかさでした。
 し〜んとしたカフェよりはわたし的にはいいかも。女子には話し込んでても気にならない感は必要ですもんね。

併設の雑貨やさんはこんな感じ。

雑貨屋さんはこんな感じ
 大切な方への贈り物を探すのにいいものがたくさんありますよ。お店のお姉さんにブログとFBのこともちゃっかり宣伝して、ここでもいっぱい写真を撮らせていただきました。
 特に女子には大切なトイレも失礼してチェック(^^)…入り口はこんな感じ。ちゃんと中は男性用、女子用に別れています。建物は古くてもトイレは最新式で洗面台も白で統一され、清潔感が漂っています。
 またお邪魔しますね。
 おはらい町に本店がありますが、こちらは雑貨屋さんとなっております。

ichishina
ホームページ
〒516-0008 三重県伊勢市船江3丁目11-2
tel. 0596-63-8771 fax. 0596-63-8772
OPEN:11:00〜19:00
水曜日定休

三ッ橋ぱんじゅう

さて、伊勢の甘いモンの一つに数えられるのが、ぱんじゅう。
元祖ぱんじゅう屋さんと言えば七越ぱんじゅうなんだけど、七越ぱんじゅうが閉店した後、何軒かのぱんじゅう屋さんが市内にオープンしました。
最初の頃こそは「やっぱり七越が…」なんて事も言われてましたが、今ではマイぱんじゅう屋さんがそれぞれみんなにあったりして、「私はどこそこの何ぱんじゅうが好きやなー」なんて会話もしてたりします。

ちなみに、私が普段購入するのは小倉ぱんじゅうでしょうか。
一番の理由はやっぱり近いから…が大きいです。
三ッ橋ぱんじゅう☆01
今年の夏の終わりくらいにお邪魔した三ッ橋ぱんじゅうさんは、今の店舗に引っ越してきてからは初めて。
以前は吹上の交差点近くにあって、通りすがりにわらび餅などをよく購入したものですが、今のとこに移転してからは中々お邪魔できずにいました。

今のお店は外宮参道の伊勢市駅に近い辺り。
そういや外宮参道は最近、若い方が営む新しくてお洒落なお店が増えましたねー♪
落ち着いたら行きたいお店でいっぱいです。
三ッ橋ぱんじゅう☆02
新しい店舗は、外宮参道に面しててしかも全面ガラス張りなので、外からも雰囲気が分かって入りやすくなっております。
入ってぱんじゅう購入…だけでなく、イートインもできるようになっております。
外宮さんに行ってから電車に乗る前に、ちょっと休憩に立ち寄るのにちょうどよい塩梅かも知れませぬ。
この頃はまだ暑い時期だったので、かき氷やラムネなんかのPOPもあったりします。
三ッ橋ぱんじゅう☆03
どこのぱんじゅう屋さんもそーだけど、そのお店オリジナルのぱんじゅうがあったりします。
ここも例外ではなく、7種類のぱんじゅうを味わう事ができるみたい。
定番のこしあんにカスタード、むらさき芋に伊勢茶につぶあん餅入りに栗に豆乳。
一番安いのはこしあんの70円、一番高いのは豆乳で100円。
好きなのをチョイスして購入もいいけど、、7種類各1個ずつがパックになってる「よろこびセット」590円として購入するのもいいかも知れません。

あ、バラ売りは3個からです。
三ッ橋ぱんじゅう☆04
この日は時間があったのでイートインしてみる事にしました。
店内はあまり広くないのだけど、調べたら席数が12席との事。
思ったより広かったみたいです。
この日食べたのは、「和(なごみ)セット」。
ぱんじゅう3個に抹茶わらび餅とお茶がついて500円です。
三ッ橋ぱんじゅう☆05
でてきたセットはこんな感じ。
わらび餅はカットしたのではなく、ゼリーみたいに器に流し込んだ形となってました。
さて食べようとなってちょっとビックリしたのが、抹茶わらび餅のしっかりとした弾力さ(笑)
三ッ橋ぱんじゅう☆06
木のスプーンをまっすぐわらび餅に立てようとしても、スプーンがぐぐっと入っていきません。
わらび餅に拒否されてるよーです。
ここで頑張りすぎると、勢い余ってきな粉をまき散らす結果となります。(経験者です)
抹茶系スイーツをあまり食べない私だけど、ここのは抹茶の風味が優しいのと、きな粉の香ばしさでスイスイ食べられます。
三ッ橋ぱんじゅう☆07
焼きたてのぱんじゅうは、皮のパリッとした食感もステキだけど、蜂蜜の香りが漂います。
これがまた和むのです。
皮には蜂蜜の他に黒糖も入ってるのだそう。優しい甘さとなっております。
ミッチリと詰まってるあんも、北海道産小豆をあっさりとした甘みで炊きあげてあります。
だから何個でも食べてしまいそうなのが難です。
普通に10個くらいは食べてしまいそうです。
初めての人だと、3個でも量が多いんじゃないかと心配されるかも知れませんが、サイズも小ぶりだから大丈夫!!
ぜひ、チャレンジしてみてくださいませ。
いらん話ですがうちの父は昔、ぱんじゅうを20個とかいっぺんに平気で完食してました。
それくらい(?)食べやすいです。
三ッ橋ぱんじゅう☆08
そして、この日からまた少し経った頃、自転車のイベントの際にまた立ち寄りました。
この時はかき氷をイートインさせてもらったのですが、イチゴの果肉を炊きあげたソースを使ったイチゴミルク金時は、イチゴの酸味が残った爽やかな酸味をあんこの甘さがそっと引き立てるような、暑い時期じゃなくても食べたいかき氷でございました。
山盛りで500円。
イチゴの果肉がしっかり入ってたり、ゼリーが入ってたり(←これは度会橋近くにあるわらしべさんのかき氷だけど)、最近の伊勢のかき氷も進化してるのねーと思いました。

人それぞれ、思うところのぱんじゅう屋さんはあると思いますが、たまには違いお店に行ってみるのも楽しいもんだと発見させてもらった、三ッ橋ぱんじゅうさん。
冬限定のメニューなんてあるかなぁ?などと、今からワクワクさせてもらってます♪

ごちそーさまでした♪
三ッ橋ぱんじゅう☆09
三ッ橋ぱんじゅうさんのサイトはこちら→☆
三ッ橋ぱんじゅう
三重県伊勢市本町5-3
TEL 0596-29-3284
営業時間
10:00〜18:00
水曜・第3木曜定休

Home > Archives > 2012-09

Calendar
« 2012 年 9月 »
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ブログ伊勢だより

Return to page top