Home > Archives > 2013-10

2013-10

野あそび棚

イベント続きだった伊勢も、ようやく人心地ついた気がします。
御遷宮の頃は晴天が続いてたお天気も、神嘗祭の頃になると雨と重なる事が多くなってました。
初穂曳きも雨合羽を着て参加した人が多かったのではなかったのでしょうか?
野あそび棚☆01
しかしお天気が少々悪くても、伊勢まで観光に来てくださる人の多い事多い事!!
あの、私の散歩コースであった去年までは静かだった外宮さんでも、今では早朝から驚くほどの人で溢れかえってるほどですもの、内宮さん界隈ときたらもう、平日でもタイミングが悪いと駐車場の空き待ちの列ができるほどでございます。
野あそび棚☆02
先日、内宮さんの初穂曳きを観にお昼過ぎに駐車場に到着したのですが、その日は前日の台風の影響がまだ残ってたせいか河原沿いの駐車場に空きがあり、穂を納める所を見る事ができました。
野あそび棚☆03
いつもなら内宮さんは川曳きなのですが、五十鈴川がこの状態で危険なため、急遽陸曳きになったのだそう。
とても珍しい事なのだそうです。

仕事が終わってからお腹がへったので、ご飯を食べようと思ったんだけど、おはらい町界隈は台風の影響なんて何のその、大入満員の人だかり。
食事処の前にはどこも人の行列が出来てて、待ってたらいつご飯にありつけるか分からない状態です。
仕方ないから、どっかのスーパーかコンビニでご飯買って帰ろう…とトボトボと帰途に着こうとしたのですが、一軒だけ入れそうであろうお店を思い出しました。
そこが、「野あそび棚」でございます。

待ってる人が少ないと言っても、決して何か問題があるワケではありません。
とにかく、お店がめっぽう大きいのです。
1Fには座敷20席にテーブル52席、2Fはテーブル110席にテラス24席。(人の数です、念のため)
このお店は大好きで内宮さんに来る度によく寄るのですが、そんなに待たされた記憶がありません。
後、おはらい町から離れているから静かです。
この日は2階席に通してもらったんだけど、窓際からは五十鈴川の流れを見る事ができます。
野あそび棚☆04
このお店の好きなとこは、季節の食材を大事にしてるとこでしょうか。
月によって変わるメニューがあったり、野菜オンリーのメニューがあったり、そうかと思えばしっかりお肉が食べられたり、てこね寿司が食べられたりとバラエティに富んでるので、グループで来ても選びがいがあるってものだと思います。
後、お料理も接客に関してもとても真摯で丁寧なとこも好きです。
野あそび棚☆05
肉か魚か野菜か。
色々と迷った結果、「季節の野菜膳」1260円にする事にしました。
旬の野菜を使ったかき揚げを中心としたお膳です。
あ、お肉食べたい人には松阪牛のサイコロステーキ重で2700円が、伊勢志摩の郷土料理がお好みならてこね寿し伊勢うどん膳で1250円があります。
野あそび棚☆06
「季節の野菜膳」はこんな感じでございます。
内容は、季節の炊き込みご飯に揚げ物、野菜の炊いたんとサラダ、小鉢(酢の物だった)に茶碗蒸しに漬け物にお味噌汁にデザート。とまあ盛り沢山。
肉は使ってなくて野菜オンリーなため、注文する度に「足りるかなぁ?」と心配するのですが、出てくる度にその心配は「食べられるんかなぁ?」に変わります。
野あそび棚☆07
写真で見る限りはちっちゃく見えますがかき揚げ、結構デカいです。
ちなみに、ご飯のお代わりができるそうです。
私なんて、2回くらい「いかがですか?」って聞かれちゃったけど、完食するのに精一杯でお代わりできず。
ああ、もっと腹を空かせてくれば良かった!!
なので、女性だけでなく男性にも食べてもらいたいお膳かと思います。
揚げ物があると、野菜と言えども腹持ちが良いのです。
カラッと揚げられた天ぷらに銀杏ご飯、アオサの香りの高いお味噌汁等々と、1000円ちょっとで良い贅沢をさせてもらいました。
野あそび棚☆08
カフェメニューも充実してるので、食事だけでなく帰る前の休憩にも良いお店だと思います。
今回は写真撮るの忘れましたが、メニューの和菓子達の愛らしいことときたら!!
興味のある人はぜひぜひ、行ってみてくださいませ。
ごちそうさまでした♪

追記。
椅子の背中の鈴の印、可愛いわー。
野あそび棚☆09
野遊び棚のサイトはこちら→☆
野あそび棚
伊勢市宇治浦田1-11-5
TEL 0596-25-2848
営業時間
11:00〜18:00
年中無休

ベトナムの風

家の近所に「ベトナムの風」という名前のカフェが出来ました。
あらあらそれは喜んで、ベトナムの風にあたってこようじゃないのー。
と、行ってきました。
ベトナムの風01
場所は、伊勢志船江にあるミタス伊勢に行く途中。
元町珈琲とかピソリーノとかの近く、あ、日赤の近くって言った方が分かりやすいかなぁ?
ミニストップのとこの信号を日赤方面に曲がってホントにすぐのとこです。
お店は建物の2階で窓はなし、下のテナントはまだシャッターが降りたままなんで、慣れてないと行き過ぎてしまう可能性は大きいと思います。

建物の横にある階段を上って左がお店です。
カウンターが数席と小さいテーブルが3〜4席だったでしょうか。
窓はないのだけど割と明るめの、こぢんまりとしたお店です。
入り口近くに、ベトナムで買い付けたであろう可愛いバッグが飾られています。
ベトナムの風02
メニューはドリンク数種とシュークリーム、プリンとパインミーってとこでしょうか。
まだオープンしたばっかなとこもあるのでしょう、少ないです。
嬉しいのは、ベトナムコーヒーがあるとこ!!
ちょうどお昼ご飯がまだだったので、ベトナムコーヒーのアイス(カフェスアダー)380円と、パインミー450円をお願いしました。
あ、パインミーは簡単に言うとフランスパンのサンドイッチです。
そうそう、お店のスタッフさんはまだちょっと慣れてない様子。
なので行く時は、ノンビリした気持ちで行くのが良いかと思います。
まー、元々ベトナムコーヒーはセカセカした気分で飲む飲み物ではありませんしねー。

ベトナムの風03

ベトナムコーヒーは、ベトナムコーヒー用のフィルターにコーヒーを入れ、カップにセッティングしてお湯を注いでいきます。
カップの中には練乳が入ってて、そこにコーヒーが入ってくって仕組み。
フィルターが置かれたまま出てくるのですが、お湯が完全に落ちるまで待ってなきゃいけません。
なのでその間は、のーんびり待たなくてはいけなくなるのです。
お湯が落ちきったら、フィルターの蓋をお皿代わりにしてフィルターを置いてください。
アイスコーヒーは、ホットで入ったものを氷の入ったグラスにザブンと入れます。
普通のカフェと違って、客側の作業がそこそこあるのが特徴です。

ベトナムの風04

以前、ベトナムに行った時によく飲みましたが、コーヒーは濃く練乳は甘くて最初はビックリしました。
が、ここのは日本人の口に合わせて少し薄い目で飲みやすくしてあるそうです。
ぽたぽたと滴が落ちるのを待って、まずは混ぜずに一口。
次に混ぜて飲んでくださいねーとの事でした。
甘くて飲みやすくて、ああ暑い国の飲み物だーと実感します。

ベトナムの風05

そうこうしてるうちに、パインミーが出てきました。
20センチ弱のサイズの短いフランスパンのサンドイッチで、中にはレタスや胡瓜の生野菜にベーコンが挟んであります。
それだけかと思ったら、中から結構スパイシーな味付けがされた、人参などの刻み野菜が出てきます。
間違うと恥ずかしいけど、ヌックマムっぽい味付けな気がしました。
サンドイッチには、チリソースとヌックマムが添えてあります。
一緒に付けて食べても美味しいです。
ベトナムのサンドと言っても香草が使ってなかったから、匂いの葉っぱが苦手な人も食べやすいと思います。

ベトナムの風06

お客さんがいなくなった時に、ちょっとお話を伺ったんだけど、このお店はオーナーさんのベトナム好きから始まったのだそう。
「そういや伊勢ってベトナムコーヒーないなー、やってみよっかー」くらいのスタンスから入ったので、超本格的なお店ではないのよ、だからゆるーい感じで来てもらえると嬉しいなーと言っておられました。
ちなみに隣は英会話教室。週4回で1ヵ月8000円とお手頃料金だそうです。

お店はちっちゃいけどノンビリできます。
ガッツリはムリだけど、フランスパンのサンドイッチは女性のお腹をしっかり満たしてくれます。
オーナーはちょっと賑やかなオバチャマだけど、気の優しい人。
も一人のスタッフさんは娘さんなんだそうですが、こちらはとても物静かな人です。
家からも近いし(歩いて2分とか)、休みの日のお昼ご飯にボチボチ通おうかと思います。
ごちそーさまでした♪

ベトナムの風07

ベトナムの風
伊勢市一之木5-4-1
電話番号はわからず
営業時間
AM9:00〜PM8:00
モーニングは朝9時から11時まで
木曜定休

あそらの茶屋

ただいま、伊勢の町が賑やかです。
先週は、伊勢神宮のご神体を新しい社殿に移す「式年遷宮」のクライマックスの行事、「遷御の儀」が内宮・外宮とも粛々と執り行われ、無事に終了しました。
儀式が終わった6日外宮さん、近所というのもあって早朝参拝も考えてたんだけど、Facebookで仕入れた情報で、あまりの参拝客の数に圧倒され断念。
で、友人に誘ってもらって午前中に訪れてはみたのですが、入り口で「ただいま2時間待ちで…」と聞いた時は
「ここはホントに外宮さんなのか…?」と思いましたよ。(普段の外宮さんはもっとノンビリです)
結局は、たまたま「奉幣(ほうへい)の儀」とタイミングが重なってたみたいで比較的待たずにお参りできたのですが、確実に週末は混むでしょうから参拝される方は心してくださいませ。
あそらの茶屋☆
と、新しい御神殿は何とか拝見したのですが、できればもうちょっとゆっくりと参拝したーいと言う事で、今朝もう一度行ってまいりました。
そして、今日の早朝参拝には実は、もう一つ目的がありました。
それは外宮参道にある「伊勢せきや」さんの2階にある食事処、「あそらの茶屋」の朝かゆを食べる事。
以前から知ってはいたのですが、まだ行った事なかったのですよ。
朝かゆタイムのオープンは7時半。
昨日の2時間待ちを考えたら早朝は参拝客も少ないし、きっと余裕で朝ご飯を食べる事ができるはず!!
なんて呑気に考えてたんだけど、実際に参拝して7時半前にお店の前に行ったら、すでに店の前には行列。
その列は私達が並んでからもどんどん長くなり、オープンした時は数十人が並んでいる状態となっておりました。
ちなみに、前日はもーっと沢山の人(今日の倍くらい)が並んでいたそうです。
あそらの茶屋☆02
オープンすると、1組ずつ順番に2階のレストランに通してもらいます。
白木と白の壁でシンプルな佇まいの店内は、天井が高く席の間がゆったりしてます。
窓から見える外宮さんの森が、また良い雰囲気です。
あそらの茶屋☆03
以前、ここでコーヒーは飲んだ事あるんだけど、ご飯は初めて。
朝かゆメニューですが、「御饌(みけ)」の朝かゆ900円と、限定10食のあわびの朝かゆ3000円があります。
そうそう、ご飯はちょっと…な人は紅茶やコーヒーやお抹茶などの飲み物をお願いする事もできます。
今回は900円の朝かゆをお願いする事にしました。
あそらの茶屋☆04
お料理は席に座った人から順番に出てきます。
一度にできる数は決まってるようで、ある一定の席までお膳が運ばれると、そこから少し時間が空きます。
列の順番が半ばくらいだった私達で、今回は30分くらい待ったかも。
スタッフの女性が静々と大きな木の箱を運んできてくれるのですが、その蓋を開けるとたくさんのお皿がでてきます。
あそらの茶屋☆05
内容は、ノンアルコールの食前酒(この日は梅酒だった)、季節の小鉢(この日は揚げ茄子)、温泉玉子、子持ちしぐれ、鰯の焼いたん、季節の酢の物(この日はもずく)、おかゆとあわびのお出汁が入った秘伝のたれ、赤だしとお漬け物、一口ぜんざい。
自宅ではぜったいやらん、小鉢の数の多さです。(洗うの大変…)
秘伝のタレをぐぐっと粥にかけると、それはそれは美味しいです。
あそらの茶屋☆06
そうそう、粥とお出汁は1回だけお代わりできるそう。
なので、パッとみると全体的に量が軽めな感じはしますが、朝だしお代わりできるしで結構お腹は満たされると思います。
しかも健康的。ザ、日本人の朝の食卓です。
あそらの茶屋☆07
佃煮にはそれぞれ味わいがあり、子持ち昆布なんて、ずーっと食べてたいくらい貝と昆布の旨味がギュッと凝縮されてます。
きっとこれらは1階のお店で購入できるんでしょうが、残念ながらタイミング合わず。
うーん、子持ち昆布買いたかったー。
(1階は9時オープンみたいです。)
なので次回ここにお邪魔する時は、まず朝粥食べる→参拝する→歩き疲れたからお茶を飲む→その間に1階がオープンするから佃煮買って帰る
とまあ、こんなスケジュールにしよーかなと思ってます。
これで完璧な気がする。うん。
あそらの茶屋☆08
個人的な感想ですが、スタッフさんも食事も雰囲気も良い意味でブレがない、清々しいお店です。
それに伊勢に朝の7時半から、しかも外宮さん前でご飯食べられるお店は残念ながらなかなかないので、キチンとした朝ご飯をしっかり食べたい人にはオススメかと思います。

ごちそうさまでしたー。
あそらの茶屋☆09
追記。
お店の外では、「せんとくん」の図案を手がけた籔内佐斗司さんの作品、「柄杓童子」を愛でる事ができます。
説明を読むと昔の人のお伊勢参りの大変さが伝わってジンときますが、像がとにかく可愛いです♪
あそらの茶屋☆10
あそらの茶屋さんのサイトはこちらから→☆
あそらの茶屋
伊勢市本町13-7
TEL 0596- 65- 6111(あそらの茶屋)
営業時間
朝かゆ 午前7:30〜午前9:30
昼げのしたく 午前11:00〜午後2:00
カフェタイム 午前7:30〜午後5:00

Home > Archives > 2013-10

Calendar
« 2013 年 10月 »
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ブログ伊勢だより

Return to page top