伊勢志摩松阪のoh!土産とおみやげ話

伊勢うどん

ふっくらとした柔らかな極太(普通のうどんの2〜3倍の太さ)のうどんに、黒くて濃厚なつゆ(タレ)をからめて食べるのが、伊勢うどん。
具は、ネギとせいぜいカマボコくらい。
見た目は辛そうだしシンプルなんだけど、柔らかいから消化はいいし、タレは甘辛でコクがあって美味しいのです。

伊勢うどんとタレのセット
私が子供の頃は、土曜日のお昼に家に帰ると吉本新喜劇を見ながら、伊勢うどんを食べるのが常でした♪
父だけは根っからの関西人だったからか、伊勢うどんはあんまり食べてなかったけど。

このように、伊勢の人間にはソウルフードなうどんだけど、県外での認知度はまだまだ低いよう。
私が知ってる限りの、県外の人の伊勢うどんの感想は、
「あの、つゆが薄めてないんだけど?」とか、
「具が入ってないんだけど、店の人呼んだ方が…。」とか、
「味が濃そう…。」とか、
「麺、茹で過ぎじゃない? 腰なくて気持ち悪い…。」とか、
挙げ句の果てには
「うどんと思って食べなかったら美味しい♪」とか。
結構、色々と言われ放題です…。
でも一度食べたら「あのうどん、送ってもらえないかなぁ?」と言われるので
美味しいみたい。良かったです♪
伊勢うどん出来上がり
茹でてタレかけて以上終わりっ!!
とまぁ、簡単に作れる伊勢うどんですが、一応コツがあります。

●沸騰したお湯にうどんを入れたら5分くらい茹でる。
 私は普段から茹で時間が短めなんだけど、近所のオバちゃんに話したら、「それではアカンわ〜。短すぎるわぁ〜。」と嘆かれました。
●茹でてる間は無理にほぐしてはいけない。
 柔らかいから、すぐ切れるんだよなぁ…。

後、うどんに乗せるかまぼこは、私は伊勢かまぼこを使います。
あの、異様に弾力のあると言うか噛みごたえがあって、しかも表面が容赦なく赤いかまぼこが大好きなのです。
何かもう、習慣みたいな。
でも、伊勢かまぼこはちょっと値段が高いのが難です。
色は濃いけど味は濃くない伊勢うどん
地元スーパーで買うと、うどん自体は1玉80円くらい。
ボトルに入ったタレ(小)で160円弱。2〜3人前あります。
たまには、県外に住んでる家族や友人に送るのもいいかも☆

個人的おみやげ理由………-北海道在住の妹に荷物を送る時の必須アイテム。
妹曰く、「伊勢うどんのタレを普通のうどんにかけて食べたらアカンわ…」。

追記。
生まれて初めて「山本屋総本店」の味噌煮込みうどんを食べた時、「うどん茹でるの忘れたんじゃ…。」と真剣に悩みました。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.