伊勢志摩松阪のoh!土産とおみやげ話

いばらまんじゅう

洋菓子も好きだけど、普段はどちらかと言うと和菓子派の私。

「あ、今日は甘いモノ食べたいなぁ♪」な気分の時は、スーパーで食材と一緒に買ってみたりします。

どの和菓子も美味しいですが、やっぱり好きなのは「みたらし団子」と「利休饅頭」。

後、外せないのが「いばら饅頭」なのですよ。

さて、いばら饅頭って全国区だと思ってたんだけど、この辺独特の饅頭って知ってました?

実家では、いばらの葉っぱが採れる時期になると、普通に婆ちゃんが作って食べさせてくれてたので、ぱんじゅうと同じく全国で食べられてる和菓子なんだと思ってました。

(ぱんじゅうも全国区ではないけど…。)

だから、代表にそう教えてもらった時は、「またまたぁ、すぐにそうやって騙そうとするんだから☆」と本気で言ってました。

さて、「いばら饅頭」とは、「野上がりまんじゅう」とも言い、昔は田植えの終わった後に皆で食べた饅頭なんだそうです。

小麦粉を練った生地であんこを包み、更にいばらの葉(サンキライと言うらしい)二枚で上下を挟んで蒸し上げたお饅頭なんだって。

ちなみにサンキライは山帰来と書き、昔の人はこのサンキライの実を毒消しとして使用してて、「必要な時に山に入って実を食べて帰ってきた。」事から、そう名付けたそうです。

今回食べたいばら饅頭は、代表からの頂き物なんだけど、販売元は

藤屋窓月堂さん。

利休饅頭を販売しているお店でもあります。

ここの和菓子は最近よく食べてて好きなんだけど、いばら饅頭は初めて。

喜んで食べてみました。

味はとても素朴。

モッチリとした生地にはいばらの葉っぱの香りが効いてて、ほんのちょっぴり塩気があります。

甘いお菓子に塩が少し入ると、よりいっそう甘さが引き立つと言いますが、ホントにその通りです。

スーパーで売られているいばら饅頭は白一色なんだけど、藤屋窓月堂のいばら饅頭は白とピンクがあり、白は普通の粒あん、ピンクの皮のものは黒糖の粒あんとなってます。

違いはきっとあるんでしょうが、美味いのと腹がへってたため、勢いでパクパク食べてしまい、代表の「ちゃんと違い分かった?」の問いに「あれ?一緒と違うん?」と首をかしげてました…。

もし、「食べた事ないなぁ〜。」と言う人は是非ともこの素朴な饅頭を一度食べてみてくださいませ。

その家庭的な味は病みつきになるかも知れませんよ☆

個人的おみやげ理由………あまりにも普通に食べてたから、お土産感覚がなかった…。婆ちゃんが作ったのを、も一回食べたいですよ。

藤屋窓月堂

〒516-0025

三重県伊勢市宇治中之切町46−1

電話:0596-22-2418

FAX0596-28-4812

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.