伊勢志摩松阪のoh!土産とおみやげ話

海の博物館

 鳥羽を出て、今は無料となったパールロードを志摩方面に向かうと、女性方のあこがれ(?)タラサ志摩のすぐ近く、ちょっと手前に「海の博物館」があります。
 鳥羽駅から12kmくらい…車じゃないとアクセスはちょっと大変かな?と思います。
 ちょっと用事でこの「海の博物館」まで行ってきたハセガワです。
用が済んで次の予定まで時間があったんで、見学させていただくことにしました。

海の博物館
 アプローチからご紹介すると、パールロードより少し低い場所にあり、建物の高さもあまり高くないため道からはほとんど見えませんが、看板に従って測道に入り、ちょっと小さめの案内板のとおりにすすんでいくと、黒が基調の立派な木造の建物群が見えてきます。
広い敷地に6棟が建ち「平面的な広がりの中に配置をすることで観覧者の疲労を軽減し、資料の移動も楽に行えるという特徴がある」ということで…デザインと機能が高く評価され、建築の賞を複数受賞しているそうです。

 まずはA館に入場です。案内の女性がも、持ち歩ける館内案内図を手渡してくれて、にこやかに質問に答えてくれます。順路はなく「興味のあるところからご覧になって下さい」ということ…収蔵点数が多く、ワタクシのメタボ具合を見て、途中でへこたれることが予想されているようです。んで、きっとそうなります。
 一応用事でおじゃましてたんで客人扱いして頂き、カフェで使えるコーヒーチケットまで頂いてしまいました。ラッキーっす(^^)見終わったら飲み物を頂くことにしましょ。

九鬼嘉孝
 天井が高く、自然光も採り入れた館内は開放感いっぱい!
 よくある博物館・美術館の整然としてキリッとした雰囲気ではなく、手で触れられる展示もたくさんあって…と言うか触れてはいけないものだけその旨表示があります。例えて言うとドラえもんに小さな身体にしてもらって、片付けられたおもちゃ箱の中を見て回っている感じ…
 鳥羽の大名「九鬼嘉隆」が領地を眺めているように座っておられます、船大工氏入魂の船のミニチュア(と言っても1m以上あります)が並び、おおっひときわ目立っているのが、藤原さんという一人の漁師が作ったという潜水艇2艇…
潜水艇
 この「藤原さん」は、たぶんと言うかきっと、とってもおいしい鳥羽のパン屋さん…Fワラさんとゆかりのある方です。アイデアと冒険心とを兼ね備えたスゴイ人やったようです。はしごを使って潜水艇の中に入ってもいいそうです…自由やなぁ、と。

 続いてB館、ここはA館と比べると随分整理された展示になってます。嬉しいのが実はワタクシ、なぜかジオラマ(情景模型)好きなんですが、B館はジオラマがいっぱい!いろいろな漁の様子を模型で再現しています。職員さんによる手作りの物も多いらしいですよ…仕事でこんなん作っとれたらええなぁ…と羨やんでしまいます。

ジオラマ1
ジオラマ2
 理数系の育ち(?)で長い文章の読解はニガテ、歴史や文化に疎いのですが、ここでの模型や実際に触れる「本物」の展示と解説のセットで、いちいち足を止め解説をしっかり読んで、実際の漁を思い浮かべている自分がいました……

 げっ、ゆっくり見ていたらばあっと言う間に1時間30分が経って、次の予定の時間です。
 AB館だけしか見てません(^^; あとはまたの機会にということで近いうちに行ってきます。ですがレポートの続きはぜひ皆さんが実際にご覧下さい!

カフェ
 せっかく頂いたコーヒー券が使えずじまいで残念ですがカフェ「あらみ」に返しにいくと、予約の食事をセット中、美味しそうです。食事メニューはうどん・ラーメン・スバゲティの麺類とカレー・ピラフといった定番のご飯類。
 ここのデザートメニューの一押しは「100%地元産テングサで作ったところてん」だそうで、特に夏期限定メニューのところてんのかき氷を「次はぜひ食べて下さい」とお勧めいただきました。
ワタクシ的に一番驚いたのはコーヒーチケット11枚綴り3000円…今時安いなぁ。という以上に人里離れた(^^)博物館でチケット???…通ってくるファンがみえるんでしょうかねぇ

 ストラップやマグネットの小物を作る体験コーナーで遊び、ゆったりした庭園スペースで一息ついて、小腹がすいたらティールームでかつおだしのところてん…Tハシさんも「大好き」という海の博物館をたっぷりゆっくりお楽しみ下さい。
庭園

海の博物館
財団法人 東海水産科学協会
三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
TEL(0599)32-6006

2 Comments

    海女さんが世界無形遺産に登録申請依頼が認可されるといいですね。
    石神さんのお話とも合い重なって嬉しくお思いのハセガワ氏でしょう・・・
    やれ黒鮑だの美し国のこれら海の産物は海女さんのおかげですものね。

    それにしても14日のかまぼこ作り体験講座や21日の地魚のお料理教室は興味あるのですが・・・
    人里離れたこの館に訪れる観光客の方々は本当に御奇特なかたです。

    PS :パンの件の詳細(購入方法)を教えて下さいね♪♪

  • 今、テレビで相方が録画した「捜査検事 近松茂道8 〜伊勢志摩海女伝説殺人事件〜」がかかっている、ハセガワです

    伊勢志摩の景色・施設がふんだんに登場してますが、海女さんの魔除けにまつわる話がキーワードになっているようで、なかなか深いストーリーやなぁ…と楽しんでします(^^)

    世界無形遺産そのお話は知りませんでしたが、今ニュースサイトで見てきました。
    韓国にも海女さんがいるのを初めて知りました、厳しい仕事だけにいろんな形でサポートがあって、伝えていっていただけるといいですね

    Fワラさんのパンは最近の材料費高騰で、なくなく値上げになって、食パンは1斤500円、2斤1000円で配達のみなんです。Tハシさんが受け渡しの仲立ちしてくれてますので願い出きると思います。
    メニューには他のパンもいろいろとあるので、どこまで対応していただけるか一度確認しますね。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.