伊勢志摩松阪のoh!土産とおみやげ話

さめのたれ・マンボウetc.

「さめのたれ」はみりん派のハセガワです。
 名前のとおり「サメ」の身を使い、干物にしたもので、塩で味付けしたものと、みりん・醤油で味付けしたものがあります。
さめのたれ味醂

 「たれ」は干す時に紐とかに垂れ下がっている様子…が語源というのが一般的なようです。
 伊勢志摩では酒の肴だったりおかずだったりと、とってもメジャーな食べ物でして、まだ世の中のことをあまり知らなかった頃(今でもたかがしれていますが)、アジの干物のように日本中にあるものだと思ってたら、ちょっと物心ついてケッコウ地域性の強い食べ物だということを知りました。

 まぁ漁師さんは獲れたものは無駄にせず、何でも食べてしまいますよね、各地でサメのいろいろな食べ方があるようです。はんぺんとかの練り製品は普通でしょうし、刺身・煮付け・焼き物etcいろいろあるようで、伊勢志摩ではそれが「干物」ってことなんですね。
 ワタクシも波切(志摩市)の港でハンマーみたいな頭のシュモクザメが吊るされているトコ、安乗(ここも志摩市です)漁港で巨大なウバザメが何匹も浮かんでいるのを目撃したことがあります。彼らはどうやって人間の胃袋に収まったのでしょう?

 獲れたものは工夫して食べる!って資源を無駄にしないってことなんでしょう…大切な姿勢やろなぁと思います。伊勢志摩ではサメ以外にもちょっと変わったところで、ウツボは干物になっていろんなトコロで売っているし、間違って網にかかってしまった海亀やマンボウも地元の人ならではの珍味だそうです。(法律的には食べてええのかいかんのか定かでないんですが…)
 ちなみにウツボは干物でよく食べられますが、それは上半身(?)で下半身は小骨が多いため唐揚げ等で食べることが多いようです、どれどれ?と、考えながら食べるとほんの少し癖はありますが、気にならないレベル。白身でパクパクいけます。
 亀は少し匂いが気になるらしく味噌煮込みで食べるのがいいと聞きました、マンボウは地元のスーパーによく並んでいたりするようですが、白身でエビとイカの中間のような味(どんな味?)やや淡白なんですって…残念ながら(?)自分で食べた訳ではありませんので定かではないです…。

 で、さめのたれですが、考えてみると伊勢神宮に神様の食事として供える神饌(みけ)のひとつであり、ナマで供える訳にはいかないでしょうから、干物に加工することは、この地方では必然と言えるのかもしれません。熨斗(のし)鮑もそうですね。
 神様と同じ物を食べる。と考えると、また趣が増す気がします(^^)

さめのたれ塩
 さて、塩味を「しおたれ」みりんと醤油で味付けしたものを「あじたれ」というそうですが、Tハシさんやワタクシは普通に「さめのたれのシオ」と「さめのたれの味醂」と言っています。ってわざわざ書くほどのことでもないですが…。

 古代から続くとされる塩味の方は一般に身が厚め。厚みは1cmくらいでしょうか、あぶりたてを割いて食べるのがとっても美味しゅうございます。焼き過ぎはイケマセン。サメ自体は薄味のため塩味が足りないと思ったら、ちょっと醤油をつけるのもいいです。
 身はしっかり詰まった感じ、そうそう歯にけっこう挟まりますので、ワタクシの場合爪楊枝が必須です(^^)
 Tハシさんはお茶漬けに入れて食べるそうです。

さめのたれ味醂2
 味醂干しの方は歴史的にはとても新しく、大正時代あたりから始まったと聞きました。数ミリ程度の薄い切り身がしっかり味醂漬けになっているため、まるで別の食べ物のような印象、甘みがしっかりしみ込んでいて、子供の頃はちょっとシブイおやつ代わりに食べた記憶もあります。
 今回は鳥羽の方の手作り「さめのたれ」をいただきました。味醂の方も「へぇ〜」って思うしっかりした厚さです。厚い分やはり味のしみ込み方は薄めで、塩と味醂味の中間のようなさめのたれでした。こんなバリエーションも地元ならではやなぁ…と楽しみながらたっぷりと食べさせていただきましたよ、ご馳走さまでした。

 伊勢の居酒屋さんでメニューにある「サメのたれ」はほとんど塩味のような気がします。酒飲みは塩味がお好き?…ご注文の際はご確認下さい。
焼く前の塩

ハセガワはどっかに送ったりする時、
伊勢神宮内宮前おはらい町にある「魚春」さんで購入します。
ホームページでは塩・味醂それぞれ250gで1,050円となっていますね。
http://www.samenotare.jp/というURLからヤル気が伝わってきます(^^)

個人的おみやげ理由………酒の肴になるお土産としては伊勢志摩の代表格でしょう。

4 Comments

    何故かコメント欄から失礼します(笑)
    Tハシです。
    伊勢うどんと並び、さめのたれも我が家の週末のお昼ご飯の味です。
    焼いたさめのたれ(塩)を焼いて細かく裂き、卵かけご飯に混ぜて食べるのを、よく祖母がしてました。
    魚嫌いだった私が、唯一食べられた魚料理でございます♪
    お醤油いらずで美味しかったですよん☆

  • 伊勢うどん・さめのたれ・中西のかまぼこ・・・
    他県から来てびっくりした食べ物1・2・3です。
    今ではかまぼこは中西のでしょ・・・と言うくらいになりました。
    プリプリしていないあの食紅の鮮やかさが・・・
    これも酒のあてになります・・・

  • まめっちさんこんにちはハセガワです。
    「中西のかまぼこ」は月兎舍発行のNAGIという本でこの地方の代表的な「ローカルブランド」のひとつとして紹介されてましたね。
    当たり前にある物だと思ってたら地域限定やったというのを知りました。
    まめっちさんもすっかり伊勢の人ですね、なじみ具合が伝わってきます(^^)

  • こんにちは!らてです。T橋さんお久しぶりです!実は食べ歩きのほうにコメントしたかったのですがエラーがあがります。何を言いたかったかと言いますと、アヴァンティでランチしていた一人の女性は私です(*^ V ^*)すみませんそれだけです(бωб;)

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.