伊勢志摩松阪のoh!土産とおみやげ話

子持ちしぐれ

ご飯のお供、酒の肴をこよなく愛してるTハシです☆

伊勢市駅からまっすぐ外宮に向かう途中に、「伊勢せきや」というお店があります。

伊勢せきやさんと言うと、伊勢では「参宮あわび」であまりにも有名。

「参宮あわび」とは、厳選したあわびを秘伝のタレで手間をかけてふっくらと煮込んだあわびの事。

タレと一緒にパック詰めされたものが販売されております。

子持ちしぐれ

外でお昼ご飯を食べ、たまたま通りかかった「伊勢せきや」。

「参宮あわび」は以前、一度だけお使いものとして購入した事があったため、「そうだ、久しぶりだし購入してみよう♪」と思いたちました。

この時点では何故か、するっと購入できる金額だと思ってたのです。

無謀です。

あわびを何と思ってたのでしょうか。

へらへらと中に入ったのはいいんだけど、「参宮あわび」の金額を見てビックリ!!

1個、ごっ…五千円近くする〜っ!!!

頑張ったなぁ、昔の私〜っ☆

今は色んな意味で(財布の中身とかエンゲル係数とか。代表ゴメン。)買えん〜っ!!!

でも、おキレイな店員さんが、私を見てにこやかに微笑んでくれてる〜っ!!!

などと、頭の中はパニック状態のくせに見た目は平静を保ちつつ、店内をウロウロしてて見つけたのが「子持ちしぐれ」。

私の大好物ジャン☆

子持ちしぐれ

値段も1袋630円と、何てリーズナブルなんでしょう☆

ホントは「柚心(ゆしん)」(柚子風味の最中。美味しい。)とどっちを買おうか迷ったんだけど、この日の事務所の冷蔵庫は甘いモン天国だったため、迷う事なく「子持ちしぐれ」を購入する事にしたのでした。

久しぶりに買って帰り、事務所にいた代表に、「アワビ買えんかった…。」とため息をついたら、「そりゃ無理やろ。」と即答されました。

今度、買ってください。これも仕事です☆(単なる要求です。)

子持ちしぐれ

さて、子持ちしぐれは私の父が大好物だったため、実家にいる時は食卓に上る事が多かったのですが、最近は食べてませんでした。

(↑と言うより実家に帰ってない…。)

封を開けると甘辛い香りが立ちのぼり、軽く食欲をそそるのですが、私はさっきランチを済ませてきた身。

ご飯と一緒に食べるのは厳禁だし(太る)、酒と一緒はもっと厳禁です。(仕事中です。)

なので今回は仕方なく、単品で味わいます。

一通り写真を撮ってまずはパクリと一口。

貝独特のコリコリとした食感とたまごのプチプチ感がたまらないっ!!

そして、このちょっと濃い味が、「もうちょっと、もうちょっと」と、箸を勝手に進めさせます。

美味いです♪

子持ちしぐれ

1袋100gだったんだけど、パクパクとオヤツ代わりに完食してしまいそうです。

途中で「おっと、イカンイカン。」と思い直して封を閉じ、残りは自宅で食べる事にしました。

アワビはなかなか自分の口には入らないけど、子持ちしぐれならお手軽金額だしお土産にも良さげですよ♪

ぜひ食べてみて下さいませ☆

子持ちしぐれ

伊勢せきやさんのサイトはこちら→☆

個人的おみやげ理由…いやー好きなんです、単純に。

あわびは誰かが送ってくれる事を期待しております☆

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.