伊勢志摩松阪のoh!土産とおみやげ話

虎虎焼(ことらやき)

思うように洗濯が干せなくて、ヤキモキしているTハシです☆

先日の事でございます。
事務所で仕事をしていると、外出中の代表から電話がかかってきました。

「今、おかげ横丁におるけど、何か買ってったろか?」

おお、それは何て優しいっ!!
「じゃあ、いっぱいお願いします☆」と買ってきてもらったのは、チーズ棒と豚捨のコロッケ、そして「虎屋」の虎虎焼き。

わーい。

おはらい町の店舗

「虎屋」というのは、伊勢市宮後にある、大正12年創業の和菓子のお店。
伊勢で「ういろ」と言うと、大体ここのういろの事です。

幼い頃から、ここのういろを食べて育った私の中では、「虎屋のういろ」は伊勢うどんと同じく「ソウルフード」の1つだったので、てっきり創業当時から「ういろ」を売っていたものだとばかり思ってたのですが、ういろの販売は昭和13年からだったそう。

へー、ちょっと意外。

話は逸れますが、県外の人の中には「虎屋」の名前を聞いて、たまに東京にある「とらや」さんと間違う事があり、話してて何だか会話が噛み合ないなぁ…と思ってたら「え?1本2500円の羊羹を売ってるお店?あ、違う違う…。」などと、こっちがビックリする事があります☆

その「虎屋」さんの店頭で「虎虎焼」が並び始めたのは、いつからなのかなぁ?
気が付いたらすでに販売してたような気がするんだけどなぁ。
とにかく、知ってたのに食べるのは初めてです。

虎虎焼 480円
さて虎虎焼き、1袋480円。

何となくコトラヤキと読んでたんだけど、漢字で見ると「虎虎焼」。
「小さい虎」でなくて、虎が2回なのね、へぇー。

シンプルなビニールのパッケージの中は、ちっちゃな虎がいっぱいいらっしゃいます。
このちっちゃい虎は、虎屋のオリジナルロゴをかたどっているそうです。
ただ、袋にミッチリ詰まり過ぎて、出して見るとややつぶれちゃった感が。

可愛いお顔が台無しだよー。

虎虎焼はこんなです

封を開けると、中からふうわりと漂ってきたのは、甘い蜂蜜の香り。
良い香りです。
1個1個は小ぶりで、一口で食べてしまえる大きさ。
持つとフワフワしています。

てっきり餡が入った人形焼きみたいなのを想像してたんだけど、一口食べてみると中身はなし。

フワフワオンリーです。

あれ?と、よくよくサイトを見てみたら、ちゃんとベビーカステラと書いてありました。

虎虎焼アップ

優しい味だしワンコイン価格なんで、お土産にはいいかもー。
軽い食感なので、1袋だとパクパク食べてしまいそうでした☆

個人的おみやげ理由………ワンコインで愛らしい形だから、年配の方にもオススメ☆

虎虎焼アップ2

虎屋のサイトはこちら→☆

追記。

チーズ棒もコロッケも美味しくいただいたのに、代表が自分一人で食べた串カツの写真なんか撮ってて、見てたら「私も食べたかったーっ!!」と、地団駄ふんでしまいました。

豚捨の串カツ

先っちょのタマネギが甘そうで美味そうだ…。

ちなみに、豚捨のコロッケも串カツも85円。
串カツは袋は入れてくれなくてトレイオンリーだと、代表が悔しそうに言ってました。

ソースをかけてから、持って帰りたい人はどーすればいーんだっ!!

なんだって。

3 Comments

    去年くらい、ういろい久々にはまってしまって、黒ういろなるものを食べました。それからは、とらやといえば、黒ういろ、抹茶ういろです。それから、教えてくれて ありがとうです、何ちゃら棒って書いたのは、たこ棒をイメージしてました。さすが、同じニオイのTハシさん!尊敬します。

  • 初めまして。いつも楽しく読ませていただいています。
    先日、おかげ横町にイク機会がありまして、初めて〔虎虎焼〕を食べました。
    想像以上に、柔らかく、おいしかったです~~。
    プレーンと抹茶を買ってみました。
    どちらも、いけますね。
    今度、行っても買いますわ。

  • ゆーこさんコメントありがとうございます。
    とらやさんでは、ここんとこ「ういろ」をではなく、虎虎焼きしか買ったことがないハセガワです。

    ちょっとした手みやげにも使い勝手がよくって、この日もTハシさんに「なにか適当に!」っていわれた時にパッと浮かんだのがコレでした。
    紹介して「おいしかった」って言っていただくと、とてもうれしいですね。よかったよかった。
    またおいしいものがあったら教えて下さいなm(_ _)m

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.