伊勢志摩松阪のoh!土産とおみやげ話

萬金飴(まんきんあめ)

こちらでは、やっぱりご無沙汰してしまっているTハシです…。
が、がんばりますっ。

 
さて、ここの最近の私ときたら、あんまり胃腸の具合がよろしくありません。

原因は分かってます。

毎日のようにお漬け物をボリボリボリボリと食べているため、腸が「何食べてんのよーっ!!」と、自主的にスーパーデトックスをしているのです。

まぁ、単なる食べ過ぎです。

こんな時は、お腹に優しいものを食べないとねー♪と、引っぱり出してきたのが「萬金飴」。
そう、萬金丹の成分が配分されている飴なのです。

 
「萬金丹って何ー?」な方に、ちょっとだけ説明を。

萬金丹は江戸時代、伊勢参りの旅人に重宝されていた常備薬(主に胃腸薬)で、「越中富山の反魂丹(はんごんたん)、鼻くそ丸めて萬金丹、それをのむ奴ァあんぽんたん」という俗謡でも、親しまれていた薬です。
改めて文字にしてみると、すごいフレーズです。
間違っても乙女が口にしてはいけません。

見た目はちっちゃな丸薬なんだけど、315粒で2100円と少々お高め。
なので、悲しい事に買った事はありません。

うう。

萬金飴袋

さてこの飴、年明けの激混みのおはらい町で購入いたしました。
ちょうどその頃は、「山中ハート薬局」前で販売していました。

1袋20粒入りで395円と安価で買いやすく、味も黒糖風味という事で、黒糖飴好き(那智黒とか。)の私が買わないハズがありません。

で、今に至るのです。

 

お腹の調子が悪い現時点、「このタイミングで食べなくて、いつ食べるのようっ!!」
と封を切ると、フワンと漂う漢方薬の匂い。

そりゃそうです。最初にも書いたけど、萬金丹の成分「カンゾウ、アセンヤク、ケイヒ」が含まれているのです。

飴は個別包装されていてるから、持ち運びにも便利です。

萬金飴中身

1個、口に入れると、少しざらついた舌触り。
この時点では普通の黒糖風味で、那智黒っぽい飴と言った感じでした。

が。

この飴、中心部分が柔らかくて簡単に噛み砕く事が出来るんだけど、サックリした噛み応えの後に広がる漢方薬の匂いときたらっ!!

言い方は違うかも知れないけど、あの独特の埃っぽい風味が口の中で一気に広がるのです。

何個か食べてる間に気にはならなくなったんだけど、最初の一個は「うおっ?」ってビックリするかも。
いや、ぜひビックリしてください。
何かこう、下痢(あ、ストレートだ。)に効きそうな気がする味でした。(実際止まった。)

萬金飴中身2

昨年末に出来た、まだ生まれたてホヤホヤのこの飴、販売しているのはおはらい町にある「山中ハート薬局」と、金剛證寺、後は伊勢病院の食堂でも購入できるそうです。
(伊勢病院情報を教えてくれてありがとー、S木さんっ!!!)

それと、電話でも購入できるという事だったので、気になる人はぜひどうぞ☆

 
追記。

金額が分からなくてフリーダイヤルに電話したんだけど、繋がらず。
「フリーダイヤルが繋がらないなんて珍しいなぁ…。」と思ってたら、後から先方がかけてきてくれました。
何だか色んな事が慣れてない感じで手作り感満々で、私的には良し☆です。
とても一生懸命に対応してもらったので、もし一度で繋がらなくても怒らないでNE☆

 
個人的おみやげ理由……販売しているお店が少ないのを除いたら、私的には満点に近いかも♪
こんなん友人にもらったら、後で絶対ネタにするなぁ☆

万金飴袋正面

伊勢くすり本舗 お客様相談窓口
フリーダイヤル 0120-646-770

山中ハート薬局
伊勢市宇治中之切町23
TEL 0596-22-3351

朝熊岳 金剛證寺
伊勢志摩スカイラインにあります。
TEL 0596-22-1710
拝観時間
9:00〜16:00
駐車場あり。

私は以前、朝熊山を登ってここに来た事あります。
えらかった…(泣)

4 Comments

    こちらは、なかなか更新されないなぁ~っと思っていたんですよね!

    朝熊岳 金剛證寺で昔(15年はなるかしらん?)、腹痛の薬を祖母が買ってきたことがあります。たぶんまだ薬箱の中に…。

    その、飴ちゃん(大阪では飴にちゃんを付けます)バージョンって事でしょうか?
    おかげ横丁ではいつも買えるのですか?興味深いです!!

    大阪の四天王寺さんでは、特にこの時期門前で「うどん屋風邪一夜薬」と言うお薬が売り出されて、飴ちゃんバージョンも売り出されているのを見た事あります!
    食べたはずだけど、味が思い出せないわ。でも薬ぽっく無かったと思います。
    おもしろいですね!

  • ベビちゃんへ。
    すーみーまーせーんーっ!!!
    もう方々から「やっと更新したよなぁ、アンタ…。」と怒られてます。
    反省してますー(泣)
    もちょっと更新してきますので、これからもヨロシクお願いしますっ!

    萬金丹は、うちのばあちゃん家の薬箱にも、宇津救命丸と一緒に常備されてました☆
    ちなみに、大人になって常備してたのは陀羅尼助。
    妹が奈良に行く度に、買ってきてくれるのです。

    萬金飴は、ベビちゃんの言う通り飴ちゃんバーションです♪
    食べ慣れるとなかなか美味いのですが、食べ過ぎて後で「舌痛い…」となります。
    でも、それ以上に今気になってるのは、「うどん屋風邪一夜薬」です。
    ネーミングに大阪の匂いがプンプンしますなーっ!!
    薬飴、侮りがたし!!

  • はじめまして
    いつも臨場感溢れるブログ、楽しく拝見しています。

    さてさて
    「うどん屋風邪一夜薬」伊勢でも売っていると思いますよ。
    山中ハート薬局に♪
    ここ二年くらいは買ってないのでちょっと自信が無いのですが
    たぶんいつも置いてある薬と思います。
    風邪薬の他に、しょうが湯としょうが飴(やはり)があって、どれも生姜ベースなので「からだにやさしく、じんわり効くなぁ」といった感じです。
    私が好きなのはしょうが湯。しっかりした生姜の味と香りで、丁寧に作られている印象です。からだの温まり方と言い、数あるしょうが湯の中でも一番好きかな。
    しょうが飴はパンチの効いた味で、初めて食べたときは思わず「辛っ!」と叫んでしまいました。
    確か安楽島に、こちらの会社の「和漢薬研究所」があったと思います。
    こんな薬が常備薬として家に置いてあると、「ちょっと風邪気味かな?」な時にも安心ですよね。

  • cherryさんへ。
    初めまして!!
    コメント、ありがとーございます☆
    色々な情報もありがとー!!嬉しいです。

    山中ハート薬局、なかなかスゴいですねぇ!!
    さっそく行ってみたいと思います。
    私は体質上、市販の薬は飲めない種類が多いので、やんわり効き目のある漢方チックな薬が有り難いのです。
    しかし、しょうが飴は相当辛そうですねぇ(笑)
    食べる時は、心して食べる事にします。
    ちっちゃい薬屋さん、時々はキチンと時間をかけてのぞきに行く事にしますね。

    あ、そうそう。
    ものっすごいリアルな話ばかり書いててゴメンナサイ(泣)

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.