伊勢志摩松阪のoh!土産とおみやげ話

あおさようかん

ていきなりですが、「あおさ」ってご存知でしょうか?
あおさは、和名をヒトエグサと呼ばれている海藻で、志摩市は全国生産量の約3割を占めています。
志摩市を代表する特産品なのです。
あおさは、海苔の佃煮の原材料として使用される事が多かったので、一般家庭ではあまり知られていない食材だったのですが、食物繊維が豊富で健康食品として知られるようになってからは、味噌汁の具などとして需要が増加しつつあるそうです。

また、「あおさ」を使った商品も広く開発され、最近では南伊勢町の「あおさ焼酎」など、ちょっと考えた事もなかった面白い物が販売されるようになりました。

でも、今回紹介したいのは、焼酎でも佃煮でもありません。
羊羹でごさいます。

私、これでも志摩が好きで、ちょこちょことドライブがてら訪れております。
2回に1回は温泉目当て。
よく行くのは「合歓の郷」です。
合歓の郷でノンビリお風呂に浸かり、時にはマッサージを受け、シメはお風呂から少し離れた場所にあるお土産屋さんでお土産をチェックする…。
それがパターンとなっております。
包みはこんな感じ☆
で、今回見つけたのが「あおさようかん」。
私自身、あおさが大好きなので何の違和感もなく購入したんだけど、自宅に帰って改めて見て初めて、「よ、羊羹にあおさ?」なんてビックリしておりました。

おそっ!!
このパッケージを開けると海の香りがっ!!
羊羹は、ビニールでパックされてるのですが、そのパックを外すとシッカリと海の香りが漂ってきます。
羊羹なのにっ!! 海の香りっ!! しかも強めっ!!
そうそう、羊羹はあおさが入っているだけあって、全体的に深い緑色です。
見てるだけだと、抹茶羊羹っぽいです。
切ると一層、色が引き立ちます。
慣れると美味しいです。正直な感想です☆
味ですが、えいやと食べると、まず広がるあおさの味!!
決して羊羹の「オマケ」的印象はありません。
あおさがキチンと主役になってます。
あおさのあの独特の味わいと香りがあり、その後に甘味が、そして最後に塩っぱさがガツンときます。
ありそうでない味です。

正直言って、私は最初は馴染めなかったけど、2切れくらい食べた後はすっかりこの不思議な味にも慣れ、パクパクと食べられるようになりました。
ちょっとだけ冒険ですが、たまにはこんなお土産もいいかも知れないな♪
が、私の感想でございました☆
ぜひお試しあれっ☆
1本220gで420円です。
試してみたい人はぜひ!!

3 Comments

    めっちゃ食べたい!
    羊羹最高!
    でも最近の暑さでか…ういろうが食べたいです\(≧▽≦)丿

    • 今は販売してませんが、鳥〇国際ホテルであおさのアイスクリームが売ってたのを
      思い出しましたね!
      あおさ関連商品は想像もつかない商品がありますね!
      ちなみにあおさの全国生産量の60%~65%は三重県産らしいです。

    裕子さんへ。
    ういろーもいいけど、ガツンとした甘さの羊羹も美味しいよっ!!
    冷たいお茶と一緒にきゅーっとやってくださいませ☆

    よっつぁさんへ。
    お、あおさアイス!!
    食べた事ない(泣)
    食べました? 美味しかった? やっぱり海の香り?
    あおさは確かに、関連商品は多いです。
    が、まだ新しいヤツをお茶碗にごそっと入れて、
    あっついお茶かけてお醤油をちょっと垂らした、しんぷるなのも、やっぱり美味しいです♪
    あー、お腹減ってきた…。(ただいま夜の7時。)

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.