伊勢志摩松阪のoh!土産とおみやげ話

かきのみそ汁

牡蠣がものっすごい大好きなTハシです☆
大昔、よくある衣裳ケースに半分はあろうかと思われるほどの、大量の殻付き牡蠣をいただいた事がありました。
さて問題。
その時、タイミング良く風邪で大熱出してた私は、その牡蠣をどうしたでしょーか?
答え。
フラフラしながら全部殻を剥き、酢牡蠣やクラムチャウダーや牡蠣ご飯、カキフライに牡蠣の煮付けに…と、全て調理して妹に食べてもらいました♪
そんなワケで、未だに牡蠣料理だけは得意ですっ。

牡蠣好きで牡蠣料理を得意とする私ではありますが実は、普段は出来ればもっと手軽に牡蠣を食べられる方が嬉しい♪
もっとワガママ言うなら、値段も安い方が、なお一層ステキです。
今回買った「かきのみそ汁」は、4食入って630円。
大層お得です。
パッケージ☆
この「かきのみそ汁」、私は「合歓の郷」の売店で購入したのですが、きっと志摩や伊勢のお土産屋さんにも探せばあるとおもいます。
「かきの身がまるごと入ったみそ汁です」と、パッケージには書いてあるんだけど、実はあんまり期待はしてませんでした。
どーせフリーズドライかなんかの、ネギぐらいの大きさのちっちゃい牡蠣がチラッと入ってくらいの、そんなショボイ感じくらいのしか想像してなかったのです。
が、意外や意外!!
ホントに5センチありました☆
中から出てきたのはフリーズドライの軽そうなのではなく、レトルトパックになってて、しかも牡蠣の大きさは何と5センチあります。
「5センチ〜?」と思われるかも知れませんが、牡蠣の身で5センチあれば上等です♪
お椀に入れるとこんな感じ☆
作り方としては、レトルトパックされた牡蠣の身と味噌と若布、後は別添のネギをお椀の上に投入します。
で、150mlの熱湯で味噌を溶かし(濃さは自分で加減。)、味の調整をしたら出来上がりです。
コツは、レトルトパックの中身をキレイに出す事。
レトルトに入ってる若布って、意外と出すのが難しいのです。
若布が足してあるので豪華版です☆
さて、肝心のお味ですが。
代表と代表の細君と私と試食してみたのですが、代表の細君は、「お湯入れたらちょっと縮んだ気がするー。」と言ってました。
それと、レトルトのせいか牡蠣の身がちょっとホロホロしてて、しっかりと味噌の味が入ってて牡蠣だけ食べるとしょっぱい感が、ややあり。
私としては、このまま食べるよりもお湯を少し多めに入れて、若布くらい足したくらいがオススメでございます。
お昼ご飯のお膳の端っこに、ちょこっと一品には、上等でございました☆
ご飯とおかずはバローです☆
一人暮らしでお味噌汁を(鍋で)作るのは、結構面倒なものでございます。
そんな時にはこういうのもいいのではないでしょーか?
もちろん、旅行のお土産にもオススメですよ♪
牡蠣の身がゴロッと入っててこのお値段は、なかなかステキですよー♪

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.