伊勢志摩松阪のoh!土産とおみやげ話

虎の巻!!

虎屋のういろ☆「とらや」と聞くと「あの高い羊羹?」とか、「ういろ」って言うと「ああ大須の?」とか、そんな声が聞こえそうですが、伊勢ではとにかくこの二つのフレーズでピンとくるのは、やっぱり「虎屋のういろ」の事。
私の中では、伊勢のソウルフードの1つです。

伊勢地方では、黒砂糖で作られてたういろが昔から食べられてたらしいんだけど、虎屋さんはそのういろを元にアレンジして今のういろを作ったのだそうですが、子供の頃から「ういろ」と言えばここのだったので、大須ういろを初めて見た時はビックリしたものです。
虎屋のういろ☆ういろ
虎屋のういろは、小倉や栗、こしあんなどの定番はもちろん、様々な季節のういろも販売してます。
季節ういろは、見た目重視的なとこが強くて目でも楽しませてくれます。
中には、スイカういろなんて、ややチャレンジャーなのもあって面白いですが(笑)
あ、確かセントレア限定のもあったなぁ。
何度か見たけど、これは可愛かった!!

さて、そんな虎屋さんが毎月10日と20日に、通常の半分サイズのういろ2本をセットにして数量限定販売してるのはご存じでしょうか?
「虎の巻」と名付けられたこのセット、630円とお手頃価格にて販売されてるそーです。
「ご予約の場合は隔月6日・16日まで承ります」となってます。
虎屋のういろ☆とらのまき
ちなみに、今月の中身は栗もちのういろと和三盆のういろ。
和三盆のういろは、和三盆を使用した白と伊勢茶の二段重ねのういろに丹波大納言をちりばめたもので文句なしの落ち着いた美味しさだったのですが、栗もちはういろにまさかの餅米がサンドされてるため、切った時の粘り気に驚いてしまいました。
虎屋のういろ☆もち米〜
が、この組み合わせが美味しかったりするのです。
ういろと餅米のもっりとした感じが微妙に違って、そこがツボ☆なういろでございました。

私みたいに一本丸ごと食べるのが難しかったり(日持ちがしないため。)ちょっとずついろんな味を楽しみたい方にはオススメだと思います。
良かったら一度、ご賞味くださいませ☆
虎屋のういろ☆伊勢の味♪
虎屋ういろのサイトはこちら→☆
虎屋ういろ本店
伊勢市宮後2丁目2-8
TEL 0596-23-5005
営業時間
9:00~18:00

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.