リラれぽ

カラーリングピヨピヨの思い出。

子供の頃、夜店でカラーリングピヨピヨを2羽買ってもらいました。

カラーリングピヨピヨとは、ひよこにカラースプレーしてあるもの。

今ならきっと動物虐待となるのでしょうが、

昔は、ごくごく普通に夜店なんかで売られていたものです。

ピンクのピヨピヨ2羽は、私達姉妹にビヨコ1号・2号と名付けられ、

家族の一員になりました。

 

小さくて可愛かったヒヨコ達はすぐに大きくなり、

メスだった1羽はある日から、卵を生むようになりました。

毎日毎日、1個。

黄身が2個入ってるヤツ。

ニワトリの世話は私達の仕事。

慣れない包丁で餌の菜っ葉を刻み、

時には突かれて傷をこしらえながらも、世話をしておりました。

 

ある日の事。

学校から帰ってきたらニワトリがいません。

 

母に聞いても言葉を濁すだけ。

 

小屋の鍵はちゃんとかけた。

餌だってあげてるし、逃げられる理由が全く分からない。

ひょっとしたら、バアチャンならその理由を知ってるかも知れない。

だって、バアチャンは物知りだから。

 

と、近所に住んでる祖母宅に走り、

昼間は大抵いるであろう裏の畑へと向かいました。

ぐるっと回って、最初に目に入るのは井戸のポンプ。

そこには…。

 

「ピヨコーっ!!!(大泣)」

 

ええ、井戸のポンプの柄には、変わり果てたピヨコ達が

無惨な姿でぶらさがっておりました。

そこに、私の泣き声を聞きつけた祖母が現れ一言。

 

「今晩のおかずは、お前の好きな唐揚げやでなー。」

 

食えるかーいっ!!

 ピヨピヨのなれのはて(多分)

その日の夜の唐揚げは、さすがに食べられませんでした(泣)

今はもちろん、鶏肉大好きです☆

Leave a Reply